お気軽にお問い合わせください。
電話番号 011-511-2060

当院について

当院のスタンス

ご挨拶

 
 推定樹齢100年の銀杏の巨木が寄り添う当院の玄関には、「温情ハ万病ヲ払ス」の書が掲げられています。「病める人々への温かい思いやりの心が医療者の最も大切な原点である」という意味のこの言葉は、当院の開院以来の理念です。
 当院は昭和35年に診療所として開院以来、地域に根ざした医療を目指して診療して参りました。なかには親子二代、三代でおかかりいただいている方もおられます。おおよそ半世紀の病院の歴史の中で、その時代時代の変化に応じた診療内容を提供して参りました。
 現在は、地域の皆様のための一般内科診療、内視鏡など各種医療機器を用いた迅速な検査、そして増え続けるがん患者のためのターミナルケアなどを主眼において診療しております。
 北海道では、平成28年に「北海道地域医療構想」が策定され、これまでの治療重視の医療から「支える医療」、「地域完結型の医療」への道筋が示されています。医療環境は、今大きな変革期を迎えています。
 当院では、地域の皆様の様々なニーズに対応できるよう、常に歩みを進め、身近な医療機関として医療サービスの向上に取り組み続けて参ります。

理事長・院長 川西譲児
理事長

当院が考える地域包括ケア

 

1、日常的な診療を行う「かかりつけ医」として、地域の皆様の健康をサポートします。

 かかりつけ医とは、風邪や腹痛など日常的な疾患の診療を行い、日頃から患者様の健康状態を把握しておくことで体調管理をサポートする身近な医師です。

当院が考える地域包括ケア
当院の役割

  • 外来や入院による検査・診療により、患者様の病状や病歴など、健康状態を常に把握。
  • 病状により、緊急手術や高度医療を要すると判断した際は、高度急性期病院や専門医をご紹介。

2、高齢者の安心した療養のために、長期に渡る医療ケアに対応します。

 高齢化社会を迎えるこれからの医療では、病気を治すことはもちろん、病気を抱えながらの生活を支えることも重要な役割と考えています。

当院が考える地域包括ケア
当院の役割

  • 高度急性期病院等からの治療継続、リハビリテーションや療養を目的とした入院。
  • 介護サービスなど、自宅等での生活を支援するためのアドバイスや老健施設、有料老人ホームなどのご紹介。
  • 必要に応じて、療養型病院などをご紹介。 長期の入院治療が必要な患者様は、当グループの「北広島希望ヶ丘病院」もご利用いただけます。

当院の理念・基本方針
病院概要・沿革